井原鉄道元社員、現金横領認める 岡山地裁で初公判


第三セクター・井原鉄道(井原市東江原町)の預金口座などから現金を着服したとして、業務上横領罪に問われた元経理担当社員(31)=笠岡市=の初公判が21日、岡山地裁(國井香里裁判官)であり、同被告は起訴内容を認めた。

 冒頭陳述で検察側は「2010年、パチンコ代欲しさに駅テナントから集金した家賃などを着服し、昨年9月末までに145回、計約3476万円の横領を繰り返した。11年ごろからバカラ賭博にも使い、暴力団と貸借関係がある」と指摘。5月に1件で追起訴することも明らかにした。

 起訴状などでは13年9月6、30日、上司が決済した払戻伝票の金額を書き換えたり、取引先への支払額を水増しした伝票を作成する手口で現金を引き出し、差額の計約70万円を着服したとされる。

また、パチンコによる事件が発生しました。

きちんとした経理マンでもパチンコにより人生を狂わされてしまいました。
いくら軍資金があってもリターンが少ないパチンコでは、いくら軍資金があっても足りません。


パチンコ依存症の方は、必ず何らかのストレスを抱えています。
いま、一番ストレスになっている事が何か発見してみて下さい。

きっと、解決になる糸口があるはずです。

当サイトは、自分を見つめ直し、同じ境遇の方々が話し合う場であるの自助グループを設けています。
一度、覗いてみて下さい。


メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本