男性役員、自治会費680万円着服 別府市


大分県別府市内の自治会で、男性役員(80)が自治会費約680万円を着服していたことが分かった。

 自治会費を着服していたのは別府市春木の自治会役員の男性。自治会によると、この男性は2003年から自治会の会計担当で通帳と印鑑を管理していて、3年ほど前から自治会費計680万円余りを着服していた。先月、男性が自治会に申し出て発覚し、「生活費やパチンコに使った」と話しているという。また、年1回の監査では、不足額を一時的に入金してごまかしていた。

 自治会費は公民館の改修などのために積み立てていたもので、男性は今後200万円を返済し、残りは分割で支払う意向。自治会では警察に被害届を出していて、「監査の回数を増やして二度とないようにしたい」と話している。

パチンコ。
時間があればパチンコ。
いやな事があればパチンコ。

パチンコで過去に大勝ちした記憶をもう一度と味わおうという衝動が何度も何度もパチンカーを襲ってきます。

もう、いい加減この無限地獄から抜け出しましょう。

次の犯罪者はあなたかも知れませんよ!

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本