小城市連続放火事件で被告に懲役4年求刑


小城市を中心とする連続放火事件で、非現住建造物等放火などの罪に問われた元消防団員の被告(46)の論告求刑公判が10日、佐賀地裁で開かれ、検察側は懲役4年を求刑し結審した。判決は7月17日。

 検察側は、動機がパチンコに負けた腹いせで、「住民に恐怖を与え、被害者は弁償もされず泣き寝入りになっている」と指摘した。

 弁護側は最終弁論で、急激な環境変化に対応できずストレスを抱える被告の性格から「経験のない母親の入院で孤独感に耐えられず、心神耗弱状態だった」として、刑の減軽を求めた。

 被告は昨年9月22日夜から翌23日未明にかけ、小城市や佐賀市のビニールハウス2棟と農機具小屋に放火するなど4件の放火事件などで起訴されている。

あなたのストレスがパチンコに駆り立てます。
負けるとストレスが蓄積され、とんでもない行動に直結します。

ストレスは発散するものではなく、解決するものです。
発散とはストレスを一時的に隅に追い去る事ですが、解決はストレスと向き合いストレスになっている要因に対する行動を起こします。

こういった行動は、小さい頃からの習慣が積み重なり現在の行動の基本を形作っています。

これらの行動改善は容易では有りませんが、まずは自分自身が何にストレスを感じているのかを紙に書いて可視化することが解決の一歩です。

可視化できると、ストレス対処のできそうな対策を書いていきます。

そうやって、一歩一歩ストレスを解決することで、ゆとりある生活が出来るようになります。

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本